音色をよくしたい!!短時間で上達するコツとは

良い音のイメージを持とう

トランペットの良い音とはどんな音でしょうか。まずはそのイメージを持つことからはじめてみましょう。本来はプロの演奏を聴いて好きな音を見つけるのが一番ですが、難しい場合は先輩や先生の音でもいいですし、CDなどの音源からでも構いませんよ。好きな音や目標としている音は何なのか、具体的なイメージを持つようになって、はじめて練習のスタート地点に立てますよ。良い音色のイメージを持てたら、その音と自分の音との違いを見つけていくといいでしょう。

音がきれいにつながるように

イメージする音色にできるだけ近づけていくのに大切なことは、少ない息の量でどれだけきれいな音を出せるかです。そこで、効率よく音を出すための練習を、音階を使って行うといいでしょう。小さな音のままや、1回のブレスでどこまでも長く音をきれいにつなげられるかということを意識して吹いてみましょう。できるだけ、長く吹こうとすると息の量はおのずとセーブする必要があるので、小さな音になりますよね。そのため、徐々にテンポを上げていきながら速くできるようになったら、リピートして長く吹ける様に練習するといいでしょう。ポイントはなるべく小さな音でなめらかな演奏を心がけることですよ。そのためには、ブレスをたっぷりととり、一息で何回も繰り返す練習が必要になります。また、トランペットはバルブを押すスピードがとても重要ですよ。バルブを押すテクニックが演奏に影響するといっても過言ではありません。そのため、指がまわるようになるトレーニングも必要でしょう。

トランペットは金管楽器の一種でマウスピースへの息の吹分けとピストンの押し分けによって音色を変える楽器です。TpやTrpなどと略されることも多く、ジャズやオーケストラで欠かすことのできないものです。

 

© 2018 Hobbies Playground All Rights Reserved