バスで行くスノボツアーの魅力とは一体何か

朝出発か深夜出発かを選べる

スノボツアーのバスは人気がありますが、たくさんの魅力が詰まっています。スノボツアーは、バスと電車がありますが、バスの場合は朝出発かそれとも深夜出発かを選べることが魅力の一つになります。

朝出発のバスは、スキー場に9時か10時頃到着し、夕方現地を出発します。そのため、十分に現地でスノーボードを楽しむことができるでしょう。バスの中で眠ることが出来ない人や、前の日の仕事終わりが遅い人にはぴったりのバスと言えるでしょう。

これに対して、深夜に出発するバスは、夜寝ている間に現地に到着することができます。早朝の6時か7時ぐらいに到着しますが、早く営業しているスキー場は7時ぐらいから開いていますので、午前中だけで5時間ぐらいはスノーボードを満喫することができるでしょう。前の日の夜に時間の余裕がある人や、バスの中で眠ることができる人ならばメリットは大きいと言えます。

事前に用意しておきたいアイテム

朝出発するバスの場合、早起きをすることになりますので、バスの中で眠くなることがあります。限られた空間の中で快適に過ごすためには耳栓を持っていくと良いでしょう。バスの利用者の多くは学生のグループです。話し声が気になる人もいるはずです。そんな時に耳栓があれば安眠が約束されるでしょう。

深夜に出発するバスは、到着までカーテンを閉めていなければならないため、眠るのが自然になります。眠る時には、耳栓も大事ですが、枕を用意しておきたいところです。朝出発のバスよりも乗車時間が2時間から3時間長く、長時間眠ることになるからです。空気で膨らませるタイプは持ち運びにも便利になります。

バスで行く、スノボツアーの良さは何と言っても行き帰りの運転をしなくていいことです。だから、ガソリン代や高速代などの費用も抑えられますし、バスの中で寝て帰ることもできます。

© 2018 Hobbies Playground All Rights Reserved